伐採時の注意

自宅の庭や集合住宅の共有スペースにある樹木の間伐はその高さに応じて色々とあります。 人の膝くらいの高さの樹木でそろえてあったり、人の身長よりも高い樹木と芝生や草花を下の方に上て複合種の植物で外観を戸と燃えている事もあります。 季節やその期間に応じて手入れの方法も様々になりますが、個人である程度は行う事が出来ます。 芝刈りや草刈りは少しずつ自分達で行う事も出来ます。樹木の剪定や間伐も人の膝くらいの高さの樹木で葉や枝が柔らかい種類であれば少し見栄えが悪くなった程度であったり1本2本の枝が折れてしまった程度であれば個人で丁寧に行えば充分手入れは行えます。 定期的に日時を決めて行うように習慣づけると生活の一部となりあまり負担ととらえずに作業を行う事が出来ます。

作業をする際には、怪我をしないように注意をする必要があります。目安としては自分が脚立やはしごに乗らないで剪定などの作業を行える高さまでの作業でやめておくという事です。 それ以上の高さの作業は専門の業者に依頼をしましょう。 植木や造園業者、便利屋さんでも対応をしてもらえます。問い合わせをする時点でどの位の広さや高さの作業を依頼するのか、どの位の金額なのかをしっかりと確認をしておきましょう。 成長してしまった樹木の間伐は間引いて全体の数を減らすのか、別の場所に移してさらに増やすのかを考えて行いましょう。 樹木の成長にしたがって全体に狭くなってしまうのは仕方ない事なので、全体に水分と栄養がゆきわたる程度の量にコントロールする為にいくつかを間引いて減らしたり、移し替えてゆとりを作る必要が出てくるのです。 丁寧にケアする程美観も良くなり周囲の環境も良くなるので、個人で出来る事と業者にお願いする事を分けた上でしっかりと作業を行いましょう。